その他の科目:塾講師が語る個別指導学習塾の選び方のポイント

その他の科目

多くの学習塾では主要科目の英語と数学だけではなく、そのほかの科目指導も行っています。

とくに定期テスト前には、社会や理科などの科目も指導します。

指導方法はその塾によって異なります。個人指導を主としている塾の場合は、ほかの科目も個人指導を行います。

と言っても、社会・理科については教科書を読めば解答を導き出せることが多いので、定期テスト対策用のプリントなどを使うことになり、講師も英語と数学のように指導する必要はありません。

通常の塾の時間よりも、たとえば1時間多く指導するなどの対応がとられています。


この定期テスト対策は塾の重要なサービスのひとつで、入塾させる際の大きな「売り」になります。

学校の成績をあげることは、目に見える成果であり、父兄へのわかりやすい結果報告にもなります。さらに英語と数学だけではないという「お得感」もあります。

ですので、講師はおおむね全教科の予習などが必要であり「苦手だから・・・」という言い訳がしにくくなっています。大人になってから、全科目の全教科をみっちりと勉強することになるというわけです。


推薦での高校受験・大学受験を考えている生徒にとっては、模擬試験よりも1年生からの定期テストの成績が非常に重要なので、中学または高校入学と同時に塾へ通い、中だるみすることなく安定した成績をキープしなければいけませんので、定期テスト対策は非常に重要です。

塾では両親にたいして、入塾の際にはこの推薦入試への意向があるかないかを聞いておきます。3年間の定期考査の平均で考えられるため、急に推薦を希望しても難しい場合があるからです。

塾での勉強方法

<<数学|夏期講習>>

▼中学生・高校生の学習塾なら、東進ハイスクール!


東進ハイスクール


>>東進ハイスクールの資料請求はこちら!


プロフィール

塾講師

宮城県仙台市の”ある個人指導学習塾”で塾講師を勤めています。

専門科目は英語で、主に小学生・中学生を対象に指導をしております。

講師として長年勤めた経験上、教えると徐々に成績が伸びる生徒とそうでない生徒がいます。

この違いは何か?と言うと、「自宅での家庭学習をしているかどうか」だと思います。

こう書くと、「学習塾は、成績を伸ばすためにあるんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、伸びる生徒は確実に自宅でも与えられたテキストなどの課題をこなしてくるんですね。

塾はあくまで、自宅での学習の習慣付けをサポートするものと考えて貰った方が良いと思います。

自宅学習

検索ボックス

このカテゴリの記事一覧

サイトマップ