学習塾はいつから始める?:塾講師が語る個別指導学習塾の選び方のポイント

「学習塾はいつから始める?」の記事一覧

「塾講師が語る個別指導学習塾の選び方のポイント」の「学習塾はいつから始める?」のカテゴリ記事リストです。

塾の役割

塾に求められている役割はただ一つ。【成績をあげる】ことです。また、成績を上げることによって、目標の中学・高校・大学に進学することが最終的な目的です。ですので、もちろん塾もそのために全力投球です。

塾の役割の全文を読む

中学生の中だるみ

中学生の中だるみは、一年の後半から2年生の後半までです。部活動に力を入れるあまり、勉強がおろそかになるパターンが多いのです。二年生ともなると思春期真っ只中ということもあり、勉強する意味を考えては悩むようになります。

中学生の中だるみの全文を読む

部活と塾の両立

中学生の学習塾通いにおいて、一番考慮すべきなのが部活です。小学校から急に環境が変わる中学一年生にとっては、新しい教科が増えるほか、新しい友達、小学生とは違う時間割、そして部活と、今までの生活がガラリと変わります。

部活と塾の両立の全文を読む

小学生の学習塾通いの意味

小学生の塾通いについては、さまざまな意見があります。いずれは塾へ通わせたいと考えている場合は、私は入塾は早いほうが良いと考えています。小学生の場合は「塾に慣れる」ことが大切です。

小学生の学習塾通いの意味の全文を読む

プロフィール

塾講師

宮城県仙台市の”ある個人指導学習塾”で塾講師を勤めています。

専門科目は英語で、主に小学生・中学生を対象に指導をしております。

講師として長年勤めた経験上、教えると徐々に成績が伸びる生徒とそうでない生徒がいます。

この違いは何か?と言うと、「自宅での家庭学習をしているかどうか」だと思います。

こう書くと、「学習塾は、成績を伸ばすためにあるんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、伸びる生徒は確実に自宅でも与えられたテキストなどの課題をこなしてくるんですね。

塾はあくまで、自宅での学習の習慣付けをサポートするものと考えて貰った方が良いと思います。

自宅学習

サイトマップ