通信教育のメリット・デメリット:塾講師が語る個別指導学習塾の選び方のポイント

「通信教育のメリット・デメリット」の記事一覧

「塾講師が語る個別指導学習塾の選び方のポイント」の「通信教育のメリット・デメリット」のカテゴリ記事リストです。

向いている子、向いていない子

最近、子供の学習の環境について語られています。たとえば有名私立中学に通っている生徒の学習方法などが紹介され、どの生徒もみなリビングや茶の間などの環境で学習していることが紹介されています。

向いている子、向いていない子の全文を読む

中学生の通信教育

中学生の通信教育の場合、小学生の段階で家庭学習の習慣が身についていること、さらにある程度の成績をキープしていることが条件になります。生活環境がガラリと変わる中学になってから急に行おうとしても無理があります。

中学生の通信教育の全文を読む

小学生の通信教育

家庭学習を習慣付ける際、非常に役立つのが通信教育だと考えられます。小学生用は、パソコンでの学習が取り入れられています。自宅学習において、通信教育が力を発揮するのは、すべての生徒に共通しているわけではありません。

小学生の通信教育の全文を読む

プロフィール

塾講師

宮城県仙台市の”ある個人指導学習塾”で塾講師を勤めています。

専門科目は英語で、主に小学生・中学生を対象に指導をしております。

講師として長年勤めた経験上、教えると徐々に成績が伸びる生徒とそうでない生徒がいます。

この違いは何か?と言うと、「自宅での家庭学習をしているかどうか」だと思います。

こう書くと、「学習塾は、成績を伸ばすためにあるんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、伸びる生徒は確実に自宅でも与えられたテキストなどの課題をこなしてくるんですね。

塾はあくまで、自宅での学習の習慣付けをサポートするものと考えて貰った方が良いと思います。

自宅学習

サイトマップ